danner
Mizugumo Flip (Olive)

D823000
5,500円(税500円)
定価:5,500円(税500円)
COLOR/SIZE

PRODUCT

アフターハイク用のリラックスサンダル。足をきつく締めつけていたハイキングシューズから履きかえる事で、足を開放して緊張をほぐし、リラックス効果が期待できる。
特殊な分子構造によって、クッション性と反発性という相反する作用を絶妙なバランスで配合させたMIZUGUMOFOAM(ミズグモフォーム)を開発。水の上に立っているかのような快適性を体感できる。抜群のクッション性が着地によって足裏にかかる衝撃を吸収し、膝への負担を効率的に軽減します。また、高い反発性によって前への推進力を生みだし、ロール形状のソールが自然な足運びをサポートします。フットベッド部分は立体的に作られており、土踏まず部分のアーチサポートが足を優しく包み込みます。
へたりにくく、耐候性にも優れている為、紫外線や温度の変化による変形・変色・劣化等の変質を起こしにくくなっています。すっきりとしたデザインのトングタイプのアッパー。弾力性のある柔らかい素材は指が痛くなりにくい。

【商品特徴】
モールデッドEVA、MIZUGUMOFOAM。

〜DANNER/ダナー〜
1932年、チャールズ・ダナー、ウィリアム・ウィエンハーグとその甥の3人によって、アメリカウィスコンシン州で誕生した。
当初は、ワークブーツを生産する工場で、低価格のワークブーツを製造・販売していた。ウィエンハーグが他界後は、本拠地をオレゴン州ポートランドに移し、事業をチャールズ・ダナー一人で行うようになった。
第二次世界大戦中は、「造船所の靴」と呼ばれる樵用の作業靴メーカーとして有名になったが、チャールズ・ダナーは病気を患い、息子のビル・ダナーが後を引き継ぐようになる。
1960年代には、ハイキングブーツを生産ラインに加え、「マウンテントレイル」というモデルを発表。
当時、このモデルはバックパッカーの間で絶大な人気を博していた。1979年には、「ダナーライト」というモデルで、世界で初めてゴアテックスをブーツに採用する。
現在では、アウトドアブーツの定番ブランドとして知られている。創業以来、「実際にダナーの靴を履く人が、不便を感じずに、使いやすく耐久性に富んだ靴を作る」がコンセプトである。